株 失敗

多分株で300万円は負けた…

笑って下さい。とある馬鹿の体験談です。

私は株式投資歴が10年になる庶民トレーダーです。
特にはじめの5年ぐらいは負けに負けまくって、給料の半分以上を株で失ってました…。まさに何のために働いているかわからない状態でした。
それでも、一攫千金を目指して株を止めず、現在もズルズルとトレードを続けています。

 

これまで、に失った金は多分300万円ぐらいでしょうか…。多分というのは途中から怖くなって計算してなかったからです。私は株をやる金はありましたが、決して金持ちではありません。着てる服はユニクロ、好物は牛丼とラーメンという庶民的な人間です。
300万円を失うなど、私のような小物にとって決して直視できない事実です。でも、多分それぐらいは負けてるはずです…。

 

本当は私のような小市民は、数十万円レベルのトレードをするなんておかしいことです。
私のこれまでの最も高い買い物はノートパソコンで16万円でした。それを買う時もいろんな店を回って、時間を掛けて選びました。

 

なのに、株のオンライントレードでは、現金を扱っているという意識が希薄になるせいか、簡単に売買をしてしまいます。16万円なんて株ではショボイ勝負で、売買するのに何の緊張感もありません。
だから、よほどの大金を失うまで、自分の愚かさに気づけませんでした。

 

なんだかんだで、株を始めて10年経ったので、色々書きたくなって来ました。目を逸らしたくなる事実も時間が経てば、客観的に見ることもできますし、笑い話にできる部分もあります。
残念ながら必ず儲かる必勝法などという景気のいい話はかけませんが、こんな馬鹿もいるんだなあ、自分はそうならないでおこう、と思っていただけると幸いです。

 

まあ、まだ300万円を取り戻すことは諦めてないんだけどね、フフフ…。